TITLE モロッコ旅 2013.04.28

 

ENTRY
ウェディングの荷物の整理をしていたら
ふわっと昨年行ったモロッコの香りがしました。
そういえばUPしてなかったので、
懐かしくなったので、今更だけど。

RIMG3362_convert_20130428032943.jpg


友人たちに進められるままに
あまりイメージも持てずにふらっと行ったその国は、
かわいくって、美味しくて、きれいで
とっても人があたたかい国でした。
行く先々で声をかけてもらってお茶したり、
出会った友人とワイワイしたり、
次から次に起こる思い通りにならないアクシデントに笑ったり、
とてもにぎやかな旅だった。

イスラム教の国に行くのは初めてで、
日に何度かのお祈りの時間も、
私が知らないたくさんの約束事も、
宗教ということへの思いや
結婚式や結婚・家族のあり方ということの考え方も、
思ってた以上に違っていた。

こういった仕事をしているといったときに、
結婚式があそこでやっているといって連れて行ってくれたり、
写真を見せてくれたり、話してくれたりしたことは
驚きがたくさんあって、
でも結婚式ということがとても大切なことは同じで
結婚式のことを嬉しそうに話してくれるのも同じだった。


遠くの国の人との出会いはとっても偶然で
でもどこかで繋がっていて、
それで逆に、今ここにいるということをとても考えます。


人生の中で行くとは思ってなかったサハラ砂漠も
なぜかふらっと行って、
何もないどこまでも続く広大な空や
本当に音がないしーんとした時間、
朝日が昇って来るその瞬間。
毎日繰り返されているそれは、
いつもと同じではないようでいて、いつもと同じ時間が過ぎていること。

たくさんのことを感じて、
たくさんのパワーをもらいました。
とってもいい旅だった。

毎日の暮らしの中では分かりにくいけど、
いつもの毎日も同じ時間。
大切に過ごさないとって思います。

RIMG3844_convert_20130428033527.jpg
↑サハラ砂漠での朝日の時間のお月さま。



スポンサーサイト
 | Home |  Next Page »

プロフィール

竹屋 弓子

Author:竹屋 弓子
フリーランスウェディングプランナー。

結婚式の一日に新郎新婦と同じように
大切に向き合えれば、と思っています。
その一日がわたしにとっても大切な記念日になりますように。

結婚という節目を機に出会えた新郎新婦とのご縁、そこから広がっていく輪の中にいられることをとても嬉しく思います。

今の私だからできること、それを大切に、
そんな毎日を、一歩ずつ。

coconoem(ココノエム)
http://www.coconoem.com

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード