TITLE コレクション 2011.11.27

 

ENTRY

海外に行くたびに、動けなくなるくらいたくさんの
ウェディングの雑誌や本を買っています。

この秋に行ったニューヨークでも
張り切ってたっくさん買いました。

いろいろなアイディアやヒントが散りばめられていて
わぁ、すてきだなぁ とうっとりの写真がいっぱいつまっていて
ずっと行ったり来たりページをめくりながら眺めていられます。
だいぶマニアです、笑。

国によっての流行や風習、普遍的に変わらないこと、
たくさんのことを知ることができます。
そのアイディアをそのままではなく、
日本のウェディングスタイルに合わせてアレンジをしたり、
結婚をされる新郎新婦に合わせて二人流にアレンジをしたり、
素敵に応用を利かせていけたらなぁといろいろとイメージしています。

こんなことも素敵だよ、とご提案できる幅を
どんどん広げていけたらな。

どの国の雑誌や本を見ていても普遍的なのは
ウェディングドレスが女性にとって とっておきの一着だということ。
ウェディングがとっても特別な一日だということ。
それは永遠です。

books
NYで買ってきた本たちの一部。
どれも素敵な写真がいっぱいです。



スポンサーサイト
 | Home |  Next Page »

プロフィール

竹屋 弓子

Author:竹屋 弓子
フリーランスウェディングプランナー。

結婚式の一日に新郎新婦と同じように
大切に向き合えれば、と思っています。
その一日がわたしにとっても大切な記念日になりますように。

結婚という節目を機に出会えた新郎新婦とのご縁、そこから広がっていく輪の中にいられることをとても嬉しく思います。

今の私だからできること、それを大切に、
そんな毎日を、一歩ずつ。

coconoem(ココノエム)
http://www.coconoem.com

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード